選ばれる理由

あらゆる難削材の
加工が可能

Difficult to machine materials

難削材加工について

月産数千個以上の圧倒的な難削材加工実績
ステンレスやレアメタル等、あらゆる難削材の加工が可能

ステンレスSUS304、SUS316L-Wメルト等の難削材部品において、月産数千個以上の量産体制を確立。培われた生産技術とノウハウを駆使し、各種ステンレスや、インコネル、ニッケル等のレアメタル、HRC60以上の高硬度鋼等、多種多様な難削材を加工することが可能です。

精密部品試作の加工方法や条件に合わせて、刃物材質・工具を選定
あらゆる難削材をスムーズに切削・加工しています。

工作機械の中でも、特に加工精度が高い同時5軸MC/複合加工機を難削材専用として使用。試作部品の素材やサイズ・形状、加工条件に合わせた工具の材質・種類を選定することにより、レアルメタルや高硬度鋼等、あらゆる難削材をスムーズに切削・加工しています。

あらゆる難削材の加工を可能にする理由

ステンレスやレアメタル、高硬度鋼等、各種難削材の加工が可能

インコネル、ハステロイ、コバール等のレアメタルや、アルミ合金、チタン合金等の特殊金属、またHRC60以上の高硬度鋼等、各種難削材の加工が可能。

難削材の大量加工で培った技術をもとに、さまざまな特性を持つ各種難削材を高精度かつスピーディーに加工いたします。

自動車、半導体等で使用される、あらゆる業界の難削材に対応

自動車をはじめ、半導体、航空機業界等、あらゆる業界の部品に用いる難削材に対応。

例えば、半導体関連装置で使用される摺動部品のインコネル等、過酷な環境下で精密な動きが要求されるレアメタル部品に対して、耐摩耗性や引張り強さ、疲労強度等を高めるために、あらかじめ熱処理を施し、スムーズな加工を行っています。

各種難削材の切削加工に合わせて、様々なセッティングが可能

各種難削材の加工方法に合わせて、最適な治具を選択。切削工具は耐久性の高い超硬工具を基本に、加工品に合った最適工具を選択。独自の治具を製作して、ベストなセッティングを実施します。また、送り角度や切削時間、ツールパス等を緻密にプログラミング。

さらに、クーラントも研究を重ね、各種難削材に最適化したものをセレクトしています。

独自のノウハウ

全機種オプション機能をフル装備し、生産能力を飛躍的に向上させています。

難削材の量産加工に優れた縦型・横型マシニングセンタを複数台配備。さらに、ATC(自動工具交換装置)への最大本数工具搭載や、バーフィーダー増設、そして7MPaに及ぶ高圧センタースルー等、オプション機能の全機種フル装備により、生産能力を飛躍的に拡大しています。